2019年06月

・水センサーを使って、Ambientへ雨と土壌の湿度を送ってみた。


1.実際は、雨用と土壌用を並列に繋いであります。

試験時の写真①
試験時①

試験時の写真②
試験時②

水センサーの回路図
回路図

雨センサー設置写真
雨センサー

土壌センサー設置写真
土壌センサー


・マイクロUSBの半田付けにUSB電子顕微鏡を使ってみた


マイクロUSBなど、0.635ピッチや1.27ピッチの半田付け用にと
USB電子顕微鏡を使ってみて、概ね良好であった。

AliExpressにて購入

Windows10 pro x64 1903 にて、amazon alexa アプリを入れて試してみました。

パソコンでも、「アレクサ」で応答してくれました。

スマートホームもコントロールできました。

音楽も再生出来ました。

無料で、出来るのでエコードット買わなくても済みますね。

天気なども、画面に表示されますので、エコーSHOW買わなくても済みますね。

なんで無料で、ここまで提供してくれるのでしょう。

是非、皆さんも試してみて下さい。コルタナより便利です。


alexa-pc


・VertualBox VM に Raspberry Pi Desktop をインストールし 解像度 の 変更


2019-06-14 (1)

●VertualBox VM のメニューバーにある Devices をクリックし、
 Insert Guest Additions CD image... をクリックする。

●VBoxGuestAdditions をインストール
$ sudo sh /mnt/cdrom/VBoxLinuxAdditions.run

●grab ファイルの変更
$ sudo nano /etc/default/grub

#
GRUB_TIMEOUT=5
|
|
#GRUB_GFXMODE=640x480
GRUB_GFXMODE=1024x768 #コメント外し解像度を変更


GRUB_GFXMODE=xxx で解像度を変更することができるようです。

vga と解像度の関係を表した表を以下のページで確認できます。

●grab ファイルの反映
$ sudo grub-mkconfig -o /boot/grub2/grub.cfg

●再起動
$ sudo shutdown -r now

これで解像度が変わっているはずです。



rpd-cloud

●●●[メモ] Raspberry Pi:VNCサーバー設定(自動起動)

*************************************************************************************************
1.●Raspberry Pi Desktop (Stretch) を USB フラッシュドライブから起動して使う
*************************************************************************************************
◆システム情報
$ uname -a
Linux raspberrypi 4.9.0-4-amd64 #1 SMP Debian 4.9.51-1 (2017-09-28) x86_64 GNU/Linux

◆システムのアップデート
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get dist-upgrade

◆日本語フォントのインストール
$ sudo apt-get install fonts-noto-cjk fonts-ipafont fonts-ipaexfont fonts-takao 

◆UI のフォント変更
デスクトップの何もない所を右クリックし [デスクトップの設定] を選択 (またはアプリケーションメニューから [設定 | Appearance Settings] )。

[System] タブの [Font] を Noto Sans CJK に変更 (フォントの種類は任意です)。

◆一旦再起動しないとフォントが正しく反映されません。
$ reboot

◆Chromium (ブラウザ) の日本語化
$ sudo apt-get install chromium-l10n

◆LibreOffice (Office スイート) の日本語化
$ sudo apt-get install libreoffice-help-ja

◆Scratch 2 (プログラミング言語) の日本語化
Scratch 2 を日本語化するには、右上の地球アイコンをクリックし [日本語] または [にほんご] を選びます。

◆IM (入力メソッド)Mozc を導入します。
$ sudo apt-get install fcitx-mozc
再起動
$ reboot

◆入力メソッドの設定
1.アプリケーションメニュー (ラズベリーアイコン) から [Fcitx 設定] を選ぶ。
2.最初は [キーボード - 英語 (UK)] と [Mozc] になっている。
3.左下の [+] ボタンを押す。
4.[キーボード - 日本語 - 日本語 (OADG 109A)] を選択し [OK] ボタンを押す。
5.[キーボード - 英語 (UK)] を選択し、左下の [-] ボタンを押して削除する。
6.上下の矢印ボタンを使い、
7.最終的にはこの並びにする。

◆IM 切り替えキーの設定
引き続き [Fcitx 設定] を行います。
1.[全体の設定] タブをクリック
2.[入力メソッドのオンオフ] の右側のボタンを押す。
3.[設定したいキーの組み合わせを押してください] というダイアログが出るので
物理キーボードの〔半角/全角〕ボタンを押す。
最初から右側のボタンが [Zenkakuhankaku] になっていたとしても
この設定を行う必要がある。

これで〔半角/全角〕または〔Ctrl〕+〔SPACE〕で IM をオンオフできるようになります。

◆ハードウェアクロックをローカルタイムに変更(winと共用する場合)
$ sudo hwclock --systohc --localtime

*****************************************************************************************
*****************************************************************************************
いつもの手順と、Webサーバ、MariaDB、PHP等をインストール。
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get dist-upgrade
$ sudo apt-get install -y apache2 mariadb-server libapache2-mod-php7.0 php7.0-gd php7.0-json php7.0-mysql php7.0-curl php7.0-intl php7.0-mcrypt php-imagick php7.0-zip php7.0-xml php7.0-mbstring memcached php7.0-memcached php-apcu

◆Webサーバの設定
$ cd /etc/apache2/sites-available/
$ sudo nano owncloud.conf # 新規作成

Alias /owncloud "/var/www/owncloud/"
<Directory /var/www/owncloud/>
        Options +FollowSymlinks
        AllowOverride All

        <IfModule mod_dav.c>
                Dav off
        </IfModule>

        SetEnv HOME /var/www/owncloud
        SetEnv HTTP_HOME /var/www/owncloud
</Directory>

$ sudo a2ensite owncloud.conf
$ sudo a2enmod rewrite
$ sudo a2enmod headers

$ sudo systemctl restart apache2

◆※ファイルアップロードの上限を変更(仮に1000M(1G)バイト)する場合は、以下の手順も実施。
$ sudo nano /etc/php/7.0/apache2/php.ini # 編集

upload_max_filesize = 2M
upload_max_filesize = 1000M

post_max_size = 8M
post_max_size = 1000M

◆データベースの設定
データベースを作成しユーザとパスワードを設定します。
今回は例として以下の値を設定します。
・データベース名:owncloud
・ユーザ名:root
・パスワード:password

$ sudo mysql -uroot
> CREATE DATABASE IF NOT EXISTS owncloud;
> GRANT ALL PRIVILEGES ON owncloud.* TO 'root'@'localhost' IDENTIFIED BY 'password';
> quit

◆ownCloudのインストール
いよいよ、ownCloudをインストールし、データフォルダを作成します
$ cd /var/www/
$ sudo wget https://download.owncloud.org/community/owncloud-10.2.0.tar.bz2 #最新版を確認
$ sudo tar xvf owncloud-10.2.0.tar.bz2
$ sudo rm -f owncloud-10.2.0.tar.bz2
$ sudo mkdir /var/www/owncloud/data
$ sudo chown -R www-data:www-data /var/www/owncloud/
$ sudo chmod 770 /var/www/owncloud/data/
$ sudo reboot

◆ownCloud初期設定
以下のアドレスに接続します。

http://[ラズパイのIPアドレス]/owncloud/

初期設定画面が表示されるので、適当な値を入力します。
今回は例として以下の値を設定します。
・管理者アカウント:admin
・管理者パスワード:password
・データフォルダー:/var/www/owncloud/data/
・データベースのユーザー名:root
・データベースのパスワード:password
・データベース名:owncloud
・データベースのホスト名:localhost

◆ちょっと待つとログイン画面が表示されます。

*************************************************************************************
3.●●●[メモ] Raspberry Pi:VNCサーバー設定(自動起動)
*************************************************************************************

◆手順
◆その1: systemd
1.いつもの
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get upgrade -y
$ sudo reboot..)

2.インストール: 
$ sudo apt-get install -y tightvncserver

3.手動で一回立ち上げて、パスワード設定: 
vncserver :1

4.systemdのファイル編集:
$ sudo nano /etc/systemd/system/vncserver@.service

[Unit]
Description=Remote desktop service (VNC)
After=syslog.target network.target
[Service]
Type=forking
User=pi
PAMName=login
PIDFile=/home/pi/.vnc/%H:%i.pid
ExecStartPre=-/usr/bin/vncserver -kill :%i > /dev/null 2>&1
ExecStart=/usr/bin/vncserver -depth 24 -geometry 1280x800 :%i
ExecStop=/usr/bin/vncserver -kill :%i
[Install]
WantedBy=multi-user.target


5.サービス登録:
$ sudo systemctl daemon-reload && sudo systemctl enable vncserver@1.service

6.再起動:
$ sudo reboot

7.vncviewer.exe(Windowsクライアント)をダウンロードインストールする

・Dynabook R634/M SDDの換装(128G->512GB)

R634のmSATAタイプのSSDを128GBから512GBへ換装しました。
中華版の安価なもので、動くか心配でしたが、うまく動いてくれました。
ベンチマークもまあまあで、安心しました。

●中華版mSATAタイプSSD
kingcoco512GB

●ベンチマーク

ベンチマーク

●換装後の写真

512G換装後


●左が、今回の512GB 右が、今までの128GB mSATAタイプのSSD

mSATA512G-128G

↑このページのトップヘ